​居場所を必要とする16万人

 子どもの数が減っているにも関わらず、不登校の子どもたちが増え続け、全国で約16万人もの小・中学生が学びの場が保障されずに過ごしています。

 多くの子どもたちは、不登校になったことで自己肯定感が低下し、一人で悩んでいます。その様子を見守る家族も苦しんでいます。

​ 特に、宮城県の不登校の児童・生徒の割合は全国でもトップであり、その対応が急がれます。

写真 2019-08-06 15 35 58.jpg

​選択肢が「学校」しかない現状

IMG_3350.JPG

 文部科学省では、「不登校は誰にでも起こり得る」「不登校は問題行動ではない」と通達しています。

 しかし現行の教育制度は、子どもたちが普通教育を受けられる場は「公的な学校」のみであり、学校に通えなくなると他の選択肢がないという状態にあります。

​多様な居場所の必要性

 私たちは、どのような子どもたちも安心して過ごせる居場所、生き生きと活動できる環境が多く必要であると考えています。

 そこで、宮城県内でフリースクールなど、子どもの居場所に関する活動をしている民間団体がお互いに連携し、子どもたちに多様な学びの場を保障するために、ネットワークをつくりました。

 これが「多様な学びを共につくる・みやぎネットワーク」です。

IMG_3555.JPG

​■団体概要

【設立】 2019年4月12日

【代表】 中村 みちよ (一般社団法人フリースペースつなぎ代表理事)

【構成団体数】 7団体(2020年4月現在)

【事務局所在地】 宮城県大崎市古川

【主な活動実績】

2019年  6月29日     

『不登校・多様な学びを考える宮城の集い』主催

講師:前北 海  氏(NPO法人フリースクールネモ理事長)

会場:古川商工会議所

参加者:68名

2019年12月10日       

教育機会確保法に関する勉強会

会場:宮城県議会議員会館

参加者:宮城県会議員・宮城県教育委員会・みやネット役員

2020年1月28日~29日 

Chillスノーボード教室への参加

会場:岩手県国見平スキー場

参加団体:フリースペースつなぎ、まきばフリースクールこども∞感ぱにー

              

◇定例会を開催しています

 月に一回役員が集まり、活動報告や情報の共有、活動計画などを話し合い、ネットワークの連携を図っています。

 いつも笑いが絶えない、楽しい雰囲気で話し合いが進みます。

 みんな子どもたちのために一生懸命案を考えたりアイデアを出しています。

宮ネット定例会.jpg

宮城で子どもたちが安心する居場所や多様な学びの場の創造に向け、『基本理念に基づいた』『信頼ある』ネットワークを広げるため、現在も私たちは活動を進めています。